私のために時間を使ってくれている

つまり愛を感じる実感。

 

それがほしいんだ。きっと。